皆さん!?ザ・ゴールが安い店!ゴールドエリヤフ・の評判 2017年度

届くのが楽しみです。昔!会社で読んだ本ですが!久しぶりに本屋でみかけ!また読みたくなって購入しました。この本の中で紹介されているレベルの全体最適化は、日本の多くの工場(メーカー?)では、実践済みだと思ったからです。

コチラです♪

2017年01月10日 ランキング上位商品↑

ザ・ゴール エリヤフ・ ゴールドザ・ゴール [ エリヤフ・M.ゴールドラット ]

詳しくはこちら
 b y 楽 天 市 場

また!小説を読み進めるうちに!全体最適化の考え方を理解できるという点も良いと思います。古い本だったので、近くの書店では見つからなかったのですが、楽天ブックスで見つけ注文しました。結構なボリュームはあったのですが!一気読みしてしまうぐらい面白かったです。ある日!アレックスは空港で乗り継ぎをしようとしていたときに!学生時代の教育を受けたことのある!物理のジョナ教授にである。【概要】アレックスが所長をつとめる工業は赤字を続けていた。感動しました。【お願い】もし!参考になりましたら!「参考になった」をクリックして頂ければ幸いです。内容の面白さは、この手の本ではピカイチです。ある日!本社の副部長であるビルが工場に来て!3ヶ月以内に業績を改善できなければ工場を閉鎖すると告げる。内容は完全に小説で!普通のビジネス書のイメージで読み始めると!なんだこれ?と言う感想になると思います。☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆まあ!本の内容としては!おもしろい小説だと思います。ハイキングの経験をもとに、工業でボトルネック探しとその解決への取り組みを進めていく。内容も良く、エリヤフ・M.ゴールドラット/三本木亮訳 の本書はぐいぐい内容に引き込まれ時間のたつのを忘れてしまいましたよ。こんなにすばらしい考え方があったなんて!!ずいぶん前にはやった本なので、いまさらという感じですが、、、この本を読んだ後、TOCにはまり関連書籍10冊程度読みました。☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆正直、著者のエリヤフ・ゴールドラットが日本語版の発売を許可しなかった理由がわかりません。複数の子供達からなる隊列のスピードは一番歩くのが遅い子で決まり、その子の歩くのが遅い原因(荷物が多すぎる)をつきとめ、それを解消することが必要と気づく。 「制約理論」への関心が強い方は、巻末の『ザ・ゴール』誕生の背景とその後、訳者あとがき、解説までキッチリ読んでください。 小説が好きな人も是非読んでみて欲しいです。もっと若いうちに読んでおけば良かったですね。本屋で見付けて面白そうだったので、こちらで購入。 全部で552ページですが読み始めればあっという間に読了! 目次1.突然の閉鎖通告2.恩師との邂逅3.亀裂4.ハイキング5.ハービーを探せ6.つかの間の祝杯7.報告書8.新たな尺度非常に読みやすいです。。私はIT業界に営業として勤務していますが、お客様への提案方法がすっかり変わりました。以前、ザ・ゴールを読んでいたのですが、ビジネス書を読み始めて間もなかったので、良いのか悪いのかまた、分厚く長かったので大変苦労した思いがあります。。ずっと読もう読もうと思っていたのですが、なかなか機会が無く、今頃購入して読みました。遅ればせながらの!ザ・ゴールです。が、読み応え抜群です☆時間さえあればスラスラ読んでしまえます〜♪ゴールドラット氏の制約理論が小説形式で表されていると知って読みました。現在2を読んでいますが、この作者のものは続けて読んでいきたいと思うほどです。内容が具体的で実際の現場にフィールドバックすると言うのは至難の業かと。【購入動機】管理職昇格者を対象に実施された研修を受講した時に!講師から紹介のあった書籍の中の一つであった。まずはこの本からスタートしてより多くの方にTOCの感動を味わって頂きたいです。今後役に立ちそうな事柄がいくつもありましたので、何度も読み返そうと思っています。小説を楽しく読んでいて、ビジネス書の要素をとれるのはとてもうまく構成されていると思います。閉鎖寸前の工場の工場長が、製造現場の問題や解決策のヒントなどを物語的に読み進めるので、読んでいて自然に理解できるような気がします。(´Д`ι)アセ今回は一気に読むことが出来ました。非常に現実的な理論であり!いろんな場面で活用できる。診断士の試験対策用で購入。むろんこれは自分の読書力の問題ですが・・・。。ある土曜日にアレックスは息子のデイブのハイキングに同行する。知識としてはTOCや制約条件の言葉を覚えたぐらいでした。小説としては面白い内容だと思います。ボトルネックやそれに対する改善など!僕の会社は工場系ではないですが!いろいろなところに応用が利きそうだなと思いました。ジョナはアレックスとの会話のなかで工場の状況を聞いただけで、納期通りに何も出荷できてないことを言いあてる。結構分厚い本です。工場での生産管理のイメージが湧かない人にはオススメです。この書籍内で述べられている「全体最適化」の限界を理解した上で読むのであれば!オススメの一冊です。かたぐるしく無く翻訳本とは思えない程。それから!時もたちビジネス書を読むことに慣れ!つい先日「ザ・クリスタルボール」を読んで驚愕!すごく読みやすかったことに気が付き!また!役に立つことこの上ないことに改めて気が付くことが出来ました。しかしこれをビジネス書としては評価出来ません。 「制約(TOC)理論」と関係なくビジネス小説として楽しめました。送料無料で、注文後数日で宅配していただきました。会社で勧められて購入。。そしてそれほど役に立つとも思えず!古本屋に売ってしまいました。ぶ厚い本ですがコツコツと読んでいこうと思います。 企業運営、チームワークに興味がある人は読めば必ず得るものがあると思います。